グリーンカードをDV2014で抽選取得しよう!無料当選後サポート付

Homeへ戻る各種お問い合わせ個人情報の取扱指針会社概要 プロファイルサイトマップ

グリーンカードへのお問い合わせグリーンカードへのご質問はメールでもお受けしております。グリーンカードへの電話でのお問い合わせはこちらのフリーダイヤルをご利用ください。

グリーンカード関連情報抽選グリーンカードDV2011とは?抽選グリーンカードDV2011のメリットとは。そもそもグリーンカードとは?抽選グリーンカードDV2011のお手続き方法は簡単です。DV2008へのエントリーはこちらからです。DV2011エントリー代行サービス申し込み(独身者用)DV2011エントリー代行サービス申し込み(既婚者用)抽選グリーンカードDV2011エントリー代行費用お支払方法は三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、およびゆうちょ銀行がご利用いただけます。他社との違いを、明確に差別化して、お客様に提供しております。抽選グリーンカードDV2011へのよくある質問集抽選グリーンカードへの全般のお問い合わせ
抽選グリーンカード当選関連情報抽選グリーンカード当選通知書抽選グリーンカード当選後のサポートサービス抽選グリーンカード当選者インタビュー過去の抽選グリーンカードでの弊社の当選実績

This site is protected by SLL Secure Technology


 

アメリカで稼ぐ

どの国でも、その国の労働環境保護観点から、外国人が自国で労働することには
制限を設けています。アメリカも例外ではありません。
非移民ビザのカテゴリーの中には、労働(就労)ビザがありますが、アメリカ国内の
企業とあらかじめ労働契約が締結されていて、その企業がビザスポンサーとなる必要があります。

つまり、そのようなコネクションや能力がない外国人が、アメリカで稼ぐことは一切認められていません。

アメリカ永住権であるグリーンカードは、それ自体が労働許可証でもあり、どのような職業でも
一切の制限無く、就職し、お金を稼ぐことが認められています。もちろん、期限もありません。

一般的に、雇用主である企業は、外国人がグリーンカード保持者であることを条件に雇い入れる場合が
ほとんどです。就労ビザやそれに順ずる許可、グリーンカードを持っていない外国人を雇用することは犯罪です。企業はルールの下で、ビジネスを行っており、外国人を雇用する際は、必ずこの点を重視します。
これは、 すなわち、グリーンカードを持っていることが、一般のアメリカ市民と同等のチャンスと賃金が約束されていることを意味しているのです。。

つまり、グリーンカードを保有することは、稼ぐことも許可されているということでもあります。

アメリカに住む
アメリカで稼ぐ
アメリカで勉強
アメリカで起業
アメリカで投資
ハワイで節税

抽選グリーンカードお申し込みはこちらから