グリーンカードをDV2016で取得しよう!無料当選後サポート付

Homeへ戻る各種お問い合わせ個人情報の取扱指針会社概要 プロファイルサイトマップ

グリーンカードへのお問い合わせグリーンカードへのご質問はメールでもお受けしております。グリーンカードへの電話でのお問い合わせはこちらのフリーダイヤルをご利用ください。

グリーンカード関連情報抽選グリーンカードDV2011とは?抽選グリーンカードDV2011のメリットとは。そもそもグリーンカードとは?抽選グリーンカードDV2011のお手続き方法は簡単です。DV2008へのエントリーはこちらからです。DV2011エントリー代行サービス申し込み(独身者用)DV2011エントリー代行サービス申し込み(既婚者用)抽選グリーンカードDV2011エントリー代行費用お支払方法は三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、およびゆうちょ銀行がご利用いただけます。他社との違いを、明確に差別化して、お客様に提供しております。抽選グリーンカードDV2011へのよくある質問集抽選グリーンカードへの全般のお問い合わせ
抽選グリーンカード当選関連情報抽選グリーンカード当選通知書抽選グリーンカード当選後のサポートサービス抽選グリーンカード当選者インタビュー過去の抽選グリーンカードでの弊社の当選実績

This site is protected by SLL Secure Technology


 

ハワイで老後

団塊世代の退職ラッシュが続くそうです。
と同時に、老後に海外で暮らそうと考えている方々が増えています。
さまざまなメディアで紹介され、特に物価が安いアジアへの移住を推奨するような
内容も多く見られるようになりました。

ところで、その海外に移住する希望の国、地域の調査では、上位には、やはり、
ハワイや、オーストラリアなどが上位にランクインし、タイ、インドネシア、フィリピン等が
その後に続きます。

現実的には、その移住先は、タイやインドネシアなどのアジアになるようです。

これには、2つの理由があります。

まずひとつ目に、お金の問題です。
ハワイやオーストラリアは先進国ですから、為替レートでみるとどうしても物価高です。
日本と変わらないような物価で、多くの退職者が老後の日々の糧である年金 だけでは、
ハワイやオーストラリアでは暮らしてゆけないのです。

二つ目の理由がビザの問題です。
移住とは、その地に住むことでビザが必要です。タイやインドネシアなどでは、退職者向けの
移住専用ビザの発行をしていることから、比較的ビザに対するハードルは低くなっています。

ところが、ハワイであるアメリカでは、退職者向けの専用のビザは発行していません。
ハワイに住むには、その人に事情にあった適切なビザをチョイスしなければならなく、
また、グリーンカードがあれば、もっとも都合がいいのです。

このDV2016の最終目的は、グリーンカードの取得です。
退職者やもすぐ退職するという方々は、退職後のハワイ移住を目的に
エントリーすると言うのも、ひとつのアイデアともいえるでしょう。

 

アメリカに住む
アメリカで稼ぐ
アメリカで勉強
アメリカで起業
アメリカで投資
ハワイで節税

抽選グリーンカードお申し込みはこちらから