グリーンカードをDV2016で取得しよう!無料当選後サポート付

Homeへ戻る各種お問い合わせ個人情報の取扱指針会社概要 プロファイルサイトマップ

グリーンカードへのお問い合わせグリーンカードへのご質問はメールでもお受けしております。グリーンカードへの電話でのお問い合わせはこちらのフリーダイヤルをご利用ください。

グリーンカード関連情報抽選グリーンカードDV2011とは?抽選グリーンカードDV2011のメリットとは。そもそもグリーンカードとは?抽選グリーンカードDV2011のお手続き方法は簡単です。DV2008へのエントリーはこちらからです。DV2011エントリー代行サービス申し込み(独身者用)DV2011エントリー代行サービス申し込み(既婚者用)抽選グリーンカードDV2011エントリー代行費用お支払方法は三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、およびゆうちょ銀行がご利用いただけます。他社との違いを、明確に差別化して、お客様に提供しております。抽選グリーンカードDV2011へのよくある質問集抽選グリーンカードへの全般のお問い合わせ
抽選グリーンカード当選関連情報抽選グリーンカード当選通知書抽選グリーンカード当選後のサポートサービス抽選グリーンカード当選者インタビュー過去の抽選グリーンカードでの弊社の当選実績

This site is protected by SLL Secure Technology


 

ハワイで節税

日本にお住まいの皆様は、何の疑いもなく、ほぼ100%日本政府に対し納税しているはずです。

ですが、これが日本に居住しておらずアメリカに住んでいると話は異なってきます。

納税の世界には、183日ルールというものがあります。
一年間の半分の183日以上実際に生活の本拠がある地で納税されるというものです。

たとえば、アメリカ永住権グリーンカードを持っている場合、アメリカに200日滞在可能ですから、
残りの165日を日本に滞在してとすると、納税の義務は当然アメリカにあります。

所得水準にもよりますが、税率は日本に比べて、アメリカは若干低く設定されています。
若干といえども、合法的に税額を節約できる(節税)できるメリットは多大なものです。

節税を考える方の多くは、資産家と呼ばれる方がほとんどで、年収は数千万円単位なはずです。
または、数億円に及ぶ方もおられるでしょう。
税額が数パーセント低くなるだけで、 数百万円の節税となるはずです。

この点からも、アメリカ永住権グリーンカードは、優位な点であるといえます。

なお、ご注意いただきたいのですが、日米間では租税協定が締結されており、日米双方から
二重徴税されることはありません。ただし、徴税の権限は双方有しており、個別の事案に
対しての双方の調査により、納税地が決定される場合があります。上記は一般的な事例であり、
個別では異なる取り扱いがなされることがあります。ご注意下さい。
また、上記文章は、決して脱税を推奨しているわけでなく、納税に関しては、
非常に大きな問題ですので、 一般論を述べているに過ぎないことをご理解ください。

 

アメリカに住む
アメリカで稼ぐ
アメリカで勉強
アメリカで起業
アメリカで投資
ハワイで節税

抽選グリーンカードお申し込みはこちらから